再確認する番号を調べる

再確認する管理番号を区別できないかな??

次のように管理番号が入力されている【管理表】シートと再確認が必要な管理番号が入力されている【再確認番号一覧】シートがあります。

【管理表】シートの管理番号を見て、再確認が必要な管理番号かを目視で判断するのはヒューマンエラーを招きます。

自動化して効率的・効果的に再確認が必要な番号かを区別してみましょう。

完成イメージ


【確認チェック】のボタンをクリックすると、【再確認番号一覧】シートから再確認番号を取得し、【管理表】シートにある管理番号に該当すれば「再確認」の文字を入力します。

マクロの登録

[crayon-669d0942b0197343914612/]

上記コードを【確認チェック】ボタンに登録してください。

[crayon-669d0942b019f560331121/]
[crayon-669d0942b01a1201096803/]

Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Rowを使用して、管理番号と再確認番号が増えてもいいようにしています。

さいごに

今回はExcel VBAでやってみましたが、Access機能のリレーションシップを使えば同様のことができます。というより、Accessの方が簡単で早いです。

ただ、Excel VBAを覚えるためには、こういう簡単な機能を試しに作ってみることがとても重要です。

頭の体操感覚でチャレンジしましょう。

Excelの最新記事8件

>ちょっとした悩みを解決        

ちょっとした悩みを解決        



「こういう内容を記事に残してほしい」「これってどうやるの」等、意見・要望があればご連絡ください。
ちょっとでもお役に立てるブログにしていきたいなと思っております。
よろしくお願いいたします。